嵯峨野観光鉄道から山陰本線の旅へ

嵯峨野観光鉄道の旅の締めくくりは、保津川下り。
トロッコ列車で眼下に見てきた川を今度は船頭さんに導かれて舟で嵐山へ向かう。
連続する急流と熟練した船頭さんの見事な竿さばきに乗って、およそ2時間のスリル満点の船旅を楽しもう。
クマの消し方 老け顔・疲れ顔 解消

平安京遷都1200年の古都・京都から山陰海岸へと躍り出て、日本海沿いを西進し、山陽本線と出会う幡生駅に至る路線。
日本海の紺碧の海をはじめ、鳥取砂丘や宍道湖などの自然景観美や、山陰屈指の温泉・城崎をはじめとする数々の温泉が待ち受ける。
松江、出雲、萩など歴史香る町も数多く点在している。

古都・京都を発し山陰海岸を西へ進み、下関市にある幡生駅に達する山陰本線。
京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、山口県の5府県を走り抜ける全長673・8kmの長大路線で、駅数は158駅もある。
全線走破する列車は1本もなく、普通列車や快速列車が各都市間を結ぶ。
美爽煌茶 びそうこうちゃ 危険 口コミ

カテゴリー: 鉄道 パーマリンク